【中年向け】メンズエステ求人「ジョブリラ」40代・50代の熟女セラピスト・エステティシャン求人・転職

お知らせ
メンテナンスのお知らせNEW
メンテナンスのお知らせ
この度、下記の日程でハードウェアメンテナンスを実施いたします。
 
─────────────────────
日時:2021/7/30(金) AM 3:00~AM 6:00
─────────────────────
 
機器の交換作業に伴い、上記時間帯で30分~1時間程度、サーバーを停止いたします。
停止中は、ウェブサイト閲覧、管理画面の更新等全てのサービスをご利用いただけません。
 
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

応募や面接でのマナー

「お店に応募する」

「お店に応募する」

「ちょっと気になるかな?」や「自分に合っているかも」といったお店を見つけたら連絡してみましょう。わからない事や気になっている事を聞くだけでも大丈夫です。電話しにくい時はメールで聞いてみたり、LINE問合せOKのお店の場合ならLINEを使ってみたり。自分が連絡を取りやすい方法で問い合わせてみてください。

時間を気にせずに送れるメールとは違って、電話やLINEでの問合せの場合はお店の「営業時間」や「問合せ時間」内に連絡するのがベストです。開店・閉店の前後はバタバタしているかもしれないので、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

どのお店も応募の電話を待ち望んでいますが、電話での話し方は丁寧な言葉できちんと受け答えをしましょう。「もしもし」だけで終わったり、「求人を見たんだけど」のように、身内や友達に電話やメッセージを送るような言葉遣いはやめましょう。

例えば「お忙しいところすみません。ジョブリラを見てお電話しました○○と言いますが、求人担当の方はいらっしゃいますか?」ときちんと伝えることができれば電話に出たお店の人もあなたに対していい印象を持ちます。

メールやLINEの場合は、直接の会話でなんとなくあなたの雰囲気が分かる電話とは違うので、丁寧な文章になるように心がけましょう。

「電話がつながったら」

「電話がつながったら」

第一印象は大切なので、質問や回答の仕方に失礼のないようゆっくり丁寧に話しましょう。

質問の場合は「聞きたいこと」「知りたいこと」をはっきり伝える事が大切です。お店もできるだけ多く面接に来てもらいたいと思っているので質問には丁寧に答えてくれます

質問だけでなく、面接を希望している場合は予め「面接に行ける複数の日時」や「メモの用意」をしておいた方がスムーズです。

お店によっては即日採用もあるので、どういった書類・証明書がいるのか、問い合わせ時にしっかり確認しておきましょう。

電話で確認しきれなかった事は、面接の時にすべて確認できるようにメモなどを用意して、疑問や不安は解決できるように準備しておくとスムーズにいきます。

「面接に行くまで」

「面接に行くまで」

面接する場所は必ずしもそのお店だけとは限りません。近くの喫茶店や事務所などで面接をするお店もあります。

約束の時間に間に合うように準備をし、服装やメイクなど整えて、「普段着で」と言われていても最低限のマナーは守り、「だらしない格好」や「部屋着」で行くことのないようにしましょう。ジャージやスエット、すっぴんで来られたらお店の人はあなたがどんな格好で接客につくのか想像できませんよね?

メンズエステ店に来るお客様は癒やしを求めています。
特にお店の指示がないようなら、ワンピースやスカートで清潔感がある、派手すぎない格好がよいでしょう。
また、お仕事でお客様の肌に触れるため、長すぎる爪や装飾の多いネイルはふさわしくありません。

メイクやヘアスタイルがお店に合っているかも重要です。

お店のコンセプトやお店のHPを参考に、お店に合った格好で面接に行くようにするのがベストです。

「面接当日」

「面接当日」

遅刻は厳禁です。どうしても約束の時間に間に合わない場合はすぐに電話で連絡を入れましょう。「少しくらい別にいいでしょ」といった考え方はタブーです。メンズエステのお仕事は「接客業」です。だらしない態度や行動は接客時にも表れるとみなされてしまいます。

また、到着が早すぎた場合も時間になるまで近くで待機しておきましょう。「遅れるよりもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、約束をしているお店の人が他の人の面接をしていたり、時間まで別の業務をしているかもしれません。
約束の時間のおよそ5分前を目指して到着するようにしましょう。

到着が早すぎる場合は一度お店に電話を入れて「お忙しいところすみません。△時から面接のお約束をしている○○ですが時間より早く到着しました。今からお伺いしてもよろしいでしょうか?」のように約束の時間を早められないか確認してみましょう。

面接では質問や疑問点、特に自分の収入になる部分やサービス内容については「わからないまま」にしないように。聞きにくいことはこの段階で全て聞くくらいの気持ちでも大丈夫です。お店の人の雰囲気を見ながら「このお店は自分と相性がいいかな」、「働きやすそうなお店かな」など、逆に自分が面接している気持ちになってそのお店を見極めるチャンスです。

普段から丁寧な言葉に慣れていない場合はできるだけ意識して自然に口から出るように心がけておくことが大切です。友達や家族とのような話し方が出ないようにくれぐれも気をつけましょう。

面接が終わって退出する場合は「今日はお忙しいところありがとうございました」とあいさつも忘れないようにしましょう。

そのまま採用が決まって研修・体験入店する場合には「これからよろしくお願いいたします」の一言も忘れずに。丁寧な言葉や笑顔であいさつをすると良い印象を持ってもらえます。

「コミュニケーションのマナー」

【あいさつ】
気持ちのいいあいさつをされて不愉快になる人はいません。笑顔ではっきりとした明るい声で行いましょう。
【笑顔】
笑顔は相手に好印象を与えます。ムスッとした表情ばかりだと相手は粗探しをしてしまいます。自分のいいところを見てもらうためにも笑顔でいるようにしましょう。
【身だしなみ】
清潔感のある服装・身だしなみを。見た目の印象も大切です。
【約束を守る】
「時間を守らなくてもいいでしょ」や「遅刻や欠勤くらい・・・」という考え方はもってのほかです。約束した時間は必ず守り、遅刻や突然のお休みをする場合は必ず早めに連絡を入れましょう。
【悪口は言わない】
人の悪口には乗らないように気をつけましょう。誤解やトラブルの原因となる可能性があります。ましてお店や他のセラピストのマイナスになることを言ってはいけません。口の軽い人は無責任な印象を与え、逆に口の堅い人は信頼を得られます。
【敬語を使う】
正しい敬語を使って、相手にいい印象を持ってもらいましょう。
【聞き上手になる】
相手の話に興味を持ち、要所要所で相づちを入れたり軽くうなずいたりして聞き上手になりましょう。特に接客時は決して話の腰を折ったり、相手の自慢話に自慢話をかぶせたりしないようにしましょう。お客様を遠ざけてしまいますよ。